■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=1143
2008年09月19日(金) 
【たすく通信9月19日】
今日は,国立特別支援教育総合研究所の短期研究生が12名も研修に来て下さいました。
短い時間でしたが、療育の様子も見ていただきました。
大勢の参観にもかかわらず、平常心を保って集中しているKくん,立派でしたね。ありがとう。

今日は,日常的にフェードアウトを考えて支援することを考えさせられました。
繰り下がりのある引き算の勉強において,数式をノートに書き写していたときです。

初めは,マジックの太字で書いた2cmほどの枠に記入していきました。
子どもは,高さに合わせて、目一杯の大きさで字を書いています。

さて、この太線をどのようにフェードアウトしていくか?
   小さい文字を書いていくためにどう支援していくか?

ステップ1:行の高さを少し低くし,線を鉛筆書きにする
ステップ2:線をシャープペンシルの細い薄い線にする
ステップ3:補助線は書かず、元のノート罫線で判断する

Kくんは、最後にはノートの罫線をみて,それに合わせて綺麗な字を書けるようになっていました。

これなら、家庭でも仕事でも使える字です。
日々の療育で,フェードアウトを考えて関わっていくか?
明日からもしっかりと見つめていきたいと思います。

閲覧数1,372 カテゴリたすく通信 投稿日時2008/09/19 20:04
公開範囲外部公開
■プロフィール
たすくさん
[一言]
たすくの事務局です。お問い合わせやお申し込みはこちらへどうぞ
■この日はどんな日
ほかの[ 09月19日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み