■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=12325
2010年11月14日(日) 
11月13日(土)たすく祭vol.3 2010

今年の会場は,一年前に、高倍率の中, 抽選で引き当てた念願の神奈川県民ホール。
まさか,APECと重なるとは思っていませんでしたが,
予想していたよりも,電車や道路の混雑は無く,安心しました。

オープニングでは,軽快なファンファーレと共に,
昨年の様子や受賞者をスライドショーで紹介。
そして,宇開先生の開会宣言と共に,
いよいよ「たすく祭vol.3 2010」のスタートです。


まずは,今回のゲスト1組目。
東京DCFA(ドラムサークルファシリテーター)の飯田和子さんと
スタッフの皆さんによる,パーカッションアンサンブル。
ステージの上に並べられたたくさんの太鼓。
会場に配られた楽器を使い,会場内が一体化!


そして,第1部「演奏部門コンテスト」の始まり。
今年は,12組の子ども達とご家族が参加してくださいました。
舞台裏では,舞台で演奏している友だちや客席の様子をのぞいたり,
楽譜を見て最終チェックをしたり。
それぞれの子ども達の緊張感と期待が伝わってきました。


第2部は、「パフォーマンス部門コンテスト」
今年は, 10組の子ども達とご家族が参加してくださいました。
どのチームも,指向をこらした力作ばかり。まさに、エンターテイメントの世界!


第3部は,今回2人目のゲスト 鎌倉の写真家 原田寛さんから,
江の電をテーマにした写真の撮り方等のお話。
そして,「写真部門コンテスト」の始まりです。
今年は、初めて課題写真「僕らに見える世界」と自由写真を設定しました。
今回初めて写真撮影にチャレンジしたお子さんも含めて、
たくさんの写真が集まりました。


各部門の審査では,圧勝!という所と,
審査員の意見が分かれた所があり,かなり難航。
賞の数が限られているので,「ごめん!」と思いながら決定しました。


エンディングでは,
前回のパフォーマンス部門大賞受賞者 Fくん
演奏部門大賞受賞者 Aくん
写真部門大賞受賞者 Tくんから、トロフィーの返還式。
堂々とトロフィーを返還する姿に、昨年の受賞者の貫禄を感じました。


そして,いよいよ今回の受賞者の発表です。
<演奏部門コンテスト>
・第1位 ベストプレーヤー賞「ごんぎつね」Nくん
 一人で立派にハーモニカと歌の演奏を披露。感動しました!

・第2位「エーデルワイス」Wくん
 一人でリコーダー演奏にチャレンジ。落ち着いて,堂々と演奏!

・第3位「わらおうトゥモロー」Aくん
 ご家族で,歌と演奏。今年も心が温まる素敵なアンサンブル!

・チャレンジ賞「キラキラ星」Sくん、Yくん
 パソコンを使った楽譜を見ながら、二人で合奏。息もピッタリ!

<パフォーマンス部門コンテスト>
・第1位 ベストパフォーマー賞「とらの親子のRADIO EXERCISE NO.1」Mくん
 衣装、踊り共に、圧巻。堂々の第1位受賞!

・第2位「一輪車」Nくん
 狭い所もくぐりぬける技を披露!

・第3位「ヤッターマン」Fくん
 今年も魅せてくれました。腕を伸ばすポーズもばっちり!

・チャレンジ賞「ぼく,おかあさんのこと」Mくん
 客席に向かって,大好きな本の朗読。堂々として,立派!


<写真部門コンテスト>
・ベスト・フォトグラファー賞「気持ちいいな〜♪」Hくん
 吸い込まれそうな、青空の写真。素敵でした。 

・ナイス!カメラマン賞「葉っぱの顔」Nくん
 葉っぱで作った顔。Nくんにそっくり。

・フォトジェニック賞「ぼくぅぅぅ、ポーーズ!!」Nくん
 カメラを見ながらのポーズ。その表情にやられました。

・スペシャリストメンバー賞「ボクの弟」Kくん
 弟とお母さんの写真。日常のひとこまから、ほのぼのした雰囲気が出ていました。

・ゲスト賞「分割された空」Tさん
 空を分割する電線。視点とタイトルのセンスに脱帽です。

・ユーモア賞「今年も自分で作った空き缶人形」Tくん
 素敵な空き缶人形の作品達。堂々の受賞です。

・ユーモア賞「ぶどう」Sくん 
 一粒のぶどうのアップ。おし○の形に見えたのはねらい?

・グッド・フォーカス賞「庭仕事する夫婦」Mくん
 黙々と庭仕事をするご両親の姿を見守る,Mくんの視点が表現されていました。
 
・グッド・フォーカス賞「ボクの足と〜まれ!」Iくん
 マンホールと足下のアップ。まさに、グッド・フォーカス!

・グッド・フォーカス賞「ベストポジション」Sくん
 大好きな信号機。車の助手席(ベストポジション)からのショットでした。
 

今年も,色々なチャレンジがあった「たすく祭」
たすく祭に向けて準備をしてくださった,メンバーの皆様、
会場に駆けつけてくださった皆様
審査をひきうけてくださった審査員の皆様
準備を手伝ってくれたインターンとたすくスタッフ、
すべての方々に,感謝の気持ちで一杯です。

来年は,地域の子供達や支援者の方達も大勢ご招待して、
地域の皆さんで支えていけるような会にしたいと思っています。
たすく祭 万歳!



(外部公開では、写真と名前の掲載をひかえさせていただきました)

閲覧数1,235 カテゴリたすく祭 投稿日時2010/11/14 22:14
公開範囲外部公開
■プロフィール
大久保(たすく)さん
[一言]
皆さんと、いろいろな交流ができることを楽しみにしています。よろしく…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み