■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=12902
2010年12月16日(木) 
11日(土)の教材マスターの集いで、ねらいに応じて、
どの部分にこだわって作成しているのかを熱弁した、「たすくエプロン」。

このエプロンは、SNSでおなじみ、きぬちゃんさんの手作りなんです。
私は、大まかな寸法やこだわりたい仕様をお伝えしただけ。

きぬちゃんさんが、「子ども達が、不全感を持たないように」と、
紐を結んだ時にグッとしまりやすい布の材質を選んだり、
「子ども達が首から下げやすいように」と、
首紐の長さを調節できるようにしてくださったり。
1つ1つのエプロンに、愛情を込めて、作って下さっています。

教材を通して、作り手である保護者から、
使い手である子供達やご家族に、愛情と頑張れ!という勇気が伝わる。
とても素敵なことですね。

こんな愛情のこもったエプロンなので、作成に少しお時間をいただいております。
ご注文いただいた皆様、完成したら、ご連絡をさせていただきますので、
楽しみに待っていて下さい。

エプロンの仕様についてのこだわりは、
「初めて聞いた」といわれる事が多く、そういえば、
あまり語っていない事に気づきました。

教材開発ストーリー「エプロン編」も連載しようかな〜。

閲覧数1,631 カテゴリ教材 コメント2 投稿日時2010/12/16 00:27
公開範囲外部公開
■プロフィール
大久保(たすく)さん
[一言]
皆さんと、いろいろな交流ができることを楽しみにしています。よろしく…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み