■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=13290
2011年01月06日(木) 

今朝、NHK総合TV「おはよう日本」の中で、
たすくスケジュールや、たすくの取り組みが紹介されました。
関東甲信越地方の放映だったため、見られなかった方もおられますよね。
そこで、どんな内容だったのか、ご紹介しようと思います。

少しでも、皆さんに様子が伝わりやすいように、写真を付けてみました。

テレビの画面を撮ったので、写りが悪いですが、ご容赦くださ〜い。



おはよう日本 1月6日(木)「スマートフォン 障害者支援にも」

パソコン並みの機能を持つ、高機能の携帯電話「スマートフォン」
若い人を中心に普及が進んでいます。
操作がしやすいことや、ソフトウエアを自由にダウンロードできることが、

人気の秘密といわれています。

このスマートフォンが、今、障がいがある人の生活に、変化をもたらそうとしています。

鎌倉市内にある、発達障がいのある子ども達の支援教室です。
ここでは、周りとコミュニケーションをとることが苦手な発達障がいの子ども達に、
自立するための手助けを行っています。

物事を順序立てて進められず、先の見通しを立てることが難しい発達障がいの子どもにとって、

大切なのはスケジュールの管理。
順を追って、予定を組む訓練が繰り返されます。
スケジュールの組み方は、イラスト入りのカードを並べて行います。



カードには、食事や買い物、トイレ等、日常生活のあらゆる場面が描かれています。
しかし、子どもの成長と共にカードの種類が増え、使いずらくなることが悩みの種でした。

そこで、この教室では、去年7月、子どものスケジュール開発を行うソフトを開発。
端末上にイラスト入りのカードが表示され、スケジュールが一目で分かるようになっています。
予定の変更も簡単に行うことができます。



齊藤先生より
「こういった機器の開発によって彼らが能力補でんできる。

スケジュールを自分で確認できれば、社会の中で生きやすくなると思っています」。

 

実際に、このソフト使っている、中学3年生の健太くんです。
発達障害の1つである自閉症のため、言葉での意思疎通は苦手です。
普段の行動は、すべてこれで確認しています。
休日のこの日、けんたくんは、横浜市内に出かけました。

lalaさんより
「次はこれしようか、僕はしたくない という意思疎通を、

何もないところよりも、ななにか媒体を通してやる方が通じやすいです。

気軽に持ち歩けるため、安心して外出できるようになり、

準備して持ち歩く面で、便利になりました」。

〜他にも、車いすの人が、場所を検索できるためのソフトも紹介されました〜

様々なソフトの開発が進むスマートフォン。
障害がいを持つ人達の支えにもなり始めています。
今後も、スマートフォンを通じて、様々な支援の可能性が広がりそうです。




番組では、たすくスケジュールのツールだけではなく、
子ども達に必要な支援を積み重ねていくことの大切さをまとめていただき、
とてもうれしく思っています。
たすくスケジュールのアプリや、たすくの取り組みについては、
こちらのHPもご紹介しています。
ご興味のある方は、よろしかったら、こちらもご覧ください。

たすくスケジュール サポートページ http://apps.tasuc.com/
たすく株式会社 HP http://tasuc.com


閲覧数4,260 カテゴリたすくスケジュール コメント7 投稿日時2011/01/06 09:51
公開範囲外部公開
■プロフィール
大久保(たすく)さん
[一言]
皆さんと、いろいろな交流ができることを楽しみにしています。よろしく…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み