2011年06月22日(水) 

6月19日に教材マスターの集いⅠ in長崎を開催しました。

三種の神器〜スケジュール〜の教材マスターです。

 

今回は地元の有名人の方や,遠くは神戸からわざわざ参加してくださった方もいました。

本当にありがとうございました。

 

まず午前中は基礎講座

チームアプローチの大切さを確認して,共通目的,コミュニケーション,貢献意欲が大切なことを確認しました。

今回の教材マスターでの共通目的は「やりたい仕事に就かせてあげたい!」

それをふまえて,日本の現状や,最新の脳科学から,J ☆skepにはじまる

たすくメソッドについてみっちりと話がありました。

 

 

午後の前半は,スケジュールのゴールを考えるグループワーク。

ついつい,今やっていることばかりに目がいきがちですが,

何のためにやっているのか?今やっていることとは将来のどんなことに役立つのか?

しっかりとゴールを共有することで,今から取り組むべき具体的なステップを見つけることができました。

機能的な目標の無限の可能性を感じ,ワクワクしみんなで盛り上がりました。

 

後半は,機能的な目標にそってスケジュールを実際に組み立てました。

スケジュールには①指示②選択③自分の役割と他者に配慮した計画

この三つがあることを再確認しました。

ついつい①の指示ばかりがスケジュールになってしまいますが,②③がとても重要ですね。

実際の生活を考えてみると,スケジュールもとても奥が深いものですね。

また,細かいステップが必要であることも実感できました。

最後には,スケジュールの形態は個に合わせた形に作り替えることを確認しました。

その代表例としてICTを活用したたすくスケジュールも実際に触りました。

 

 

教材マスター研修の受講者の皆さんが、今度は、研修の主催者となって、

さらに多くの支援者達に、良い指導を拡げていって欲しいと願っています。

教材マスターの集いは、今後も各地でいろいろなバージョンを開催します。

http://tasuc.p1.bindsite.jp/tasucmac/training/traning.html

地域の支援者のコミュニティづくりに、

チームで支援技術を磨く機会に、ぜひ、お役立て下さい

 

担当:松井 匠


閲覧数1,975 カテゴリアルバム コメント1 投稿日時2011/06/22 09:07
公開範囲外部公開
■プロフィール
たすく株式会社さん
[一言]
たすくの事業を 見える化することに しました
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=16787