2011年10月17日(月) 

本日は少し汗ばむような秋晴れの中、

保護者学習会(①グループ)がおこなわれました。

 

今回は、三種の神器の「コミュニケーション」をテーマに、渡邊先生と大久保先生による演習を交えた内容でした。

 

前半は、 お子さんを思い浮かべて「家庭における評価インタビューシート」に記入しながら、

お子さんが現在使えているコミュニケーションの「機能」と「形態」を把握しました。

 

次に、そのコミュニケーションがどの場面で使えているのかを「コミュニケーション評価サマリー」に色分けして整理しました。

整理してみると、「 意外と要求は言えてるけどコメントがまったくなかった!」など、

それぞれの発見があったようでした。

 

 

 

後半は、

2人1組で子ども役と大人役に分かれて演習です。

なかなか難しい、絵カードの弁別のエラー修正についておこないました。

 

欲しいアイテムを絵カードで要求する際、子どもが間違ったカードを渡してきたときに

①モデル(正しいカードを教える)

②プロンプト(身体ガイドなどで正しいカードを手渡させる)

→アイテムは渡さず、ほめる

③スイッチ(全く違うことをさせ、頭を切り換える)

④リピート(再び要求場面をつくり、絵カードで要求させる)

→アイテムを渡し、ほめる

 

みなさん苦戦しながらも役割を交代しながら楽しんで演習に参加してくださいました。

 

 

今回お配りした資料は、

 http://sns.tasuc.com/bbs/bbs_list.php?root_key=3817…1318848850

にアップしておりますので、ご覧ください。

 

次回の保護者学習会は、

11月14日(月)・・・①グループ

11月28日(月)・・・②グループです。

 

 たくさんのご参加をお待ちしております。

 

 

担当:濱野好


閲覧数1,201 カテゴリアルバム 投稿日時2011/10/17 18:36
公開範囲外部公開
■プロフィール
たすく株式会社さん
[一言]
たすくの事業を 見える化することに しました
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=19311