■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=21796
2012年03月07日(水) 
2012年3月6日(火),ハウスクエア横浜にて
「子どもの発達を促すための実践フォーラム」の1回目を開催しました。
講師に寺尾孝士先生(川崎医療福祉大)をお迎えして,
「自閉症支援の世界的モデル『TEACCHプログラム』から学ぶ」
というテーマでお話しをして下さいました。

朝,大雨が降っていて,お足元の悪い中,約70名が参加して下さいました。
お越しくださいました皆様,ありがとうございました。

寺尾先生からは,
第二おしま学園や星ヶ丘寮の成人期の自閉症支援を通して明らかになった,
「今すべきこと」,先生の実践をとおして実感されたことなどを
お話しいただきました。
また,実際に地域に出て,生き生きと仕事をしたり,楽しく余暇を楽しんでいらっしゃる
成人期の方々の様子をDVDで見せていただきました。


下記のポイントを身につけていることが, 自閉症の方が成人期に落ち着いて過ごすための
共通点でした。
・周囲の人や環境に対する信頼感
・コミュニケーションに対する意欲と力
・長所を生かせる場面
・周囲と調和した対処の手段
・能力に見合った自立のスキル,働く意欲,ルールの理解,余暇のレパートリー

また,評価観察(アセスメントと課題分析など)を家庭と専門家が一緒に取り組むことで,
できそうなことをできるようにしていくことが可能になります。
さらに,この評価観察をとおして,彼らを知ることができます。

「できるように見えていることが,本当にできていますか?」
「そのスキルは場所や人が違っても同じようにできますか?」

これからのキーワードは,「入所が地域を越える」です。
地域の中に住んでいても完全防音では意味がない。
地域で働き,地域で余暇を楽しむことを目指して!
とういう熱いメッセージを頂き,会は終了しました。

次回は3月25日(日),鎌倉商工会議所 地下ホール
「今すぐはじめる 一人ひとりに応じた療育・教育・支援の実際」を
テーマに齊藤先生のリードの下,
函館市の松倉順子さんにお越しいただき,お母さんの視点から講演して下さいます。

まだ,若干名の空きがございますので,是非お申し込み下さい。

鶴野寿美子

閲覧数1,108 カテゴリ研修 投稿日時2012/03/07 00:31
公開範囲外部公開
■プロフィール
たすくさん
[一言]
たすくの事務局です。お問い合わせやお申し込みはこちらへどうぞ
■この日はどんな日
ほかの[ 03月07日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み