2013年07月10日(水) 

こんにちは。たすくの鶴野寿美子です。


7月7日(日)、教材マスターの集いMAXが開催されました。

5回目の今回は、療育の3本柱の一つである「脳と身体づくり」がテーマ。

これまで積み重ねてきた療育と,身体づくりについて
4名の保護者の方が持ち寄ってくださった実践を
グループワークでまとめ、実践発表につなげました。


今回の話題提供は,過敏の改善→Perception
PerceptionからJudgement/Programmingへ
Judgement/Programming


お子さんの特性に応じて、たすくのメソッドの型をどのように活用したのか。
また、日々の机上学習と身体づくりをどのように取り組んできたのか。
そして、めげそうになった時の支援者側のモチベーションの維持の仕方などを、
参加者の皆さんと共有する、貴重な機会になりました。


「続けることが大切」という意味を、改めて感じ、
「明日からも頑張ろう」と元気をもらった方も多かったのではないでしょうか。

各グループの発表内容は、改めてご報告したいと思います。
発表者の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。

<開会のことば>宇開先生より2012の振り返り


<講義>学習の土台となる身体づくり〜家庭で取り組むコツ〜
 


<グループ発表>力を合わせて発表!その後,意見交換
  


閲覧数1,170 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2013/07/10 10:14
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL: