2013年10月16日(水) 

2013年10月13日(日)たすく祭vol.6 2013

〜表現しよう ぼくらの世界〜


先日,大船の鎌倉藝術館 小ホールにて,
今年度のたすく祭を開催しました。

今回も,たくさんのエントリーをいただき,
さらに皆さん例年以上の完成度で,
大変な盛り上がりを見せました!

小ホール入り口では、メンバーさんが作ってくれたウェルカムボードと、

じゃがっつ(たすくのロゴマークにいる、丸いお顔のキャラクターたち)がお出迎え。



<13:00 開演>
オープニングは,昨年の様子や受賞者をスライドショーでご紹介し,
宇開先生の開会宣言でスタート。

前半の司会は松永先生。
進行サポーターの子どもたちも,協力してくれました。



<第1部「音楽部門コンテスト」>
今年は,11組のメンバーさんが参加してくださいました。
(残念ながら,1組は体調不良のため欠席でした)
素晴らしい完成度に,会場中が引き込まれます。

今回,今年の4月に開設されたC-Base横須賀・林教室からは初の参加!
教室でチームを組んで,息のあった演奏と歌を聴かせてくれました。



<第2部「パフォーマンス部門コンテスト」>

今年は,昨年より増えて19組がエントリー。

客席も巻き込んでの演目もあり,どの演目も凝った演出で楽しませてくれました。

 

<アーティスト部門>

アーティスト部門は,ロビーでの展示と,休憩を兼ねたスライドショーの形で

ご紹介。
思い思いに作られた作品は見応え充分!
休憩中は,沢山の方に見ていただけました。

 

 

 




<エンディング>

 

いよいよ今年度の受賞式。 

今回は,4人のプレゼンターの皆様を迎えて,受賞者の選定にも加わっていただきましたが,
「この作品を賞に入れられないのは辛い…!」と
どの部門も,皆さん大変悩まれていた様子。

今年も,たくさんのメンバー・ご家族の皆さんが、色んな挑戦をして,感動を与えてくれました。
舞台に上がるチャレンジ,
作品をつくるチャレンジ,
長い時間、会場でみんなの発表を見る・聴くチャレンジ…

来年は、どんなチャレンジをしようかと,もう考え始めている方もいるのではないでしょうか。

今回たすくスタッフも何名か、一緒に舞台に上がりましたが,
実は終わった打ち上げ中にすでに「来年はあんなことをしたいね」「これもやっちゃおうよ」と
盛り上がっておりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
お贈りいただいたお花もありがとうございました。
受付や会場を彩ってくれました。


さらに実は,会場のあちらこちらにかざりつけられていた
かわいい秋の飾りたち。これはC-Base 横須賀・林のみんなが,
お仕事でみんなで作ってくれたものです。
計画を立て,みんなで協力して,目標50個を見事達成!
ありがとうございました! 影の立役者ですね。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
最後になりましたが,
たくさん練習して舞台に上がってくれたり,作品を作ってくれたりしたメンバーの皆様,
お忙しい中ご来場いただき,あたたかい拍手や声援をくださったご親類,関係者,来賓の皆様,
会場には来られなくとも,遠くから応援していただいた皆様,
また,藝術館会場のスタッフさんたち,
皆様の支えで,たすく祭が盛会に終わったことに,感謝いたします。


来年も,たくさんの感動が生まれますように!


(渡部亜利沙)


閲覧数1,329 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2013/10/16 09:32
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL: