■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=4546
2009年07月20日(月) 
雪ノ下の,療育から戻りました。
いよいよ鎌倉は夏本番。由比ガ浜の方に来る人の波,車の波。
今年は,アセスメントが落ち着いていることもあって,
あんまり心配はしないのですが,デニーズの横の大きな駐車場も連日満車です。
さて,今日の雪ノ下教室は,海の日ということもあって,
お父さんの参加がありました。雪ノ下は,お父さんが熱い!

お父さんが,療育に携わること。それはそれは,素晴らしいことです。
お父さんは,やっぱり身体が大きい。
そのため,ガイドも安心感があり,子どもたちも,しっかりします。
僕は,その光景を見て,目を細めます。
何とも言えない,素晴らしい幸せの光景です。泣きそうになります。
親父に手を添えてもらって教えてもらえるなんて,子どもは嬉しいですよ。
1 まず,遺伝子の問題で,同じ形状の手ですから,良くマッチします。
2 親子ですから,姿勢の状態が良いか悪いかが直ぐに分かりますから,調整しやすいです。
3 どんな療育者より,長い付き合いですから,息が合わせやすく,あ・うんの呼吸で何でもやれます。

 子どもを知るには,まずは身体的ガイドです。いろんな気持ちが,ビシビシと伝わってきます。
 後ろに回る場合は,利き手の方を合わせ,肘を密着させてください。利き手側の肩と胸,肘に掛けて,お子さんの体温と電波のようなものを受け取りながらガイドします。呼吸を合わせ,心でやってほしい行動を唱えながら,自然に身体を動かしてガイドしてください。

 たすくは,そんなお父さんがたくさんいます。
 皆さんに,乾杯!!
<本当はお父さんとお子さんの表情が最高なのですが,
 ブログでは,トリミングしてその熱いガイドを感じてください!>

閲覧数2,224 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2009/07/20 20:08
公開範囲外部公開
■プロフィール
齊藤宇開(たすく代表)さん
[一言]
We are HAPPY, so You are HAPPY. Because We will be TASUC!
■この日はどんな日
ほかの[ 07月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み