■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=48899
2018年06月13日(水) 
 たすくの療育は、「お子さんのことを知ることが先」を合言葉に、じっくり時間を懸けてアセスメントをします。また、お子さんの今と未来の充実のためには、たすくでの療育だけではなく、学校や放課後等デイサービス、学童保育などの機関と連携することが大切です。そのためにも、代表の齊藤を中心にまとめた「J☆sKeps™アプローチ(ジェイスケップ)」や、「機能的な目標6領域」などのメソッドを共有する必要があると考えています。

 今年度のJ☆sKeps™研究会は、全6回(うち1回は保護者による事例報告)で構成しました。第2回のテーマは、「特性の理解と活用・その1報酬系ネットワークの不全があることを理解する〜好子嫌子誘発とコミュニケーション」です。J☆sKeps™の具体的な解説をはじめ、教材教具の使い方や指導技術をワークショップ形式でお伝えしていきます。

※チラシ出来次第アップしていきます。


1. 主 題 「特性の理解と活用・その1報酬系ネットワークの不全があることを理解する〜好子嫌子誘発と     コミュニケーション」

2. 日 程 平成30年 7月7日(土)
    14:00 ~ 16:30(時間は各会場で前後する場合があります)

3. 会 場
    鎌倉:鎌倉商工会議所
    横浜:かけはし都筑(横浜は教材マスターの集いMAXとなります)
    国立:スペースコウヨウ
    豊橋:豊橋商工会議所508会議室
    札幌:札幌市内
      
4. 定 員 約40名(各会場で前後する場合があります)
    ※申込期日 7月 4日(水)
    (定員になり次第、締め切らせていただきます)

5. 受講料 12,000円(割引制度あり)

6. 講 師(変更される場合もあります)   
    鎌倉:大久保 直子、西澤 文香
    横浜:鹿島 真知子
    国立:鳥居 麻生
    豊橋:篠原 大一
    札幌:山口 拓

7. 割 引
    保護者・学生 半額
    SNS会員・5名以上のグループ 20%引き

8. 申し込み方法
    各教室スタッフに直接お申し出いただくか、
    school@tasuc.com
    0467-23-2156   
    までお申し込みください。

閲覧数159 カテゴリ研修 コメント0 投稿日時2018/06/13 11:52
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
たすくさん
[一言]
たすくの事務局です。お問い合わせやお申し込みはこちらへどうぞ
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み