■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=6029
2009年11月05日(木) 
遅くなりました。10月28日の学習会の報告です。

第4回目のアカデミックグループの学習会は,
11名のメンバーの皆さんに参加いただきました。

【全体の流れ】
1,グループワーク1
 お子さんの時計の学習のステップは?
 難しさを感じる所は?
2、時計の学習のステップを確認
 たすくの時計教材の使い方

2,教材作成
 「今何時?フラッシュカード」と
 「時計と数直線」のパーツを組み立てよう
 
グループワーク1では,「機能的な目標のマウンテン」に沿って、
お子さんの時計の学習のステップと学習する際に難しさを感じる所を共有。
グループワークの中では、「手続的な記憶が強い場合の配慮は?」
「時計の教材針やタイルの操作ができた後、どのように時間の概念や生活に結びつけていくの?」などが話題にあがりました。
 
 後半は、たすくの新しい教材「今何時?フラッシュカード」と
「時計の数直線」を使って、時計の学習がどのようなステップで
ゴールを目指していくのかを再度確認。
 
 そして、それぞれの教材作成をしました。
時計盤への両面テープの貼り方、時計の針をネジで留める時のコツ、
数直線のボードを折りたたみ式にするためのコツなど、
細かい部分を確認しながら、1つ1つのパーツを組み合わせて
いきました。
 
 最後に、 時計を生活に活かしていくためには、
時計の学習とスケジュールの学習をバランスよく進めていくことの大切さを
再確認しました。

次回は2月3日(水)。本グループでの最終回の学習会です。 

閲覧数1,218 カテゴリ学習会 投稿日時2009/11/05 12:51
公開範囲外部公開
■プロフィール
たすくさん
[一言]
たすくの事務局です。お問い合わせやお申し込みはこちらへどうぞ
■この日はどんな日
ほかの[ 11月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み