■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.tasuc.com/blog/index.php?ps=8&pl=&s=&so=&key=10330&cid=1
■日記の書き込み
書き込み数は232件です。 [ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 24 ]
2013年12月27日(金) 
昨日・今日の2日間は,最もお付き合いの長いご家族とのアセスメントでした。
これまでの成果と,これからの課題を共有しました。
そして,たすくとして,やるべきことも整理しました。

さて,明日は,2013アセスメント研修を開催します。
たくさんの子どもたちとのアセスメントで整理してきた教材を,
スタッフ全員+ライセンス取得者と共に研修します。

(渡邊倫)

[地図情報有り]
閲覧数837 カテゴリ日記 投稿日時2013/12/27 22:35
公開範囲外部公開
2013年12月21日(土) 
よこはまセンター南教室 鶴野寿美子です



自分でスケジュールを管理することを目標に、
2年間、コツコツと積み上げてきたスケジュール。

このスケジュールを使い始めて、ある変化が出てきました。

今まで、ほとんど食べることができなかった朝ごはん。

このスケジュールを使い始めて,活動も,時間も,時間の幅も見通しがもてたこと
起きてから,スケジュールどおり取り組むことで,ご飯までに覚醒が上げらること

これらのことが,改善できたため,朝ご飯の量も増えてきました。

おまけに,朝のお勉強に挑戦したところ,
集中力が増し,すらすらと,脱線もする

閲覧数793 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2013/12/21 19:15
公開範囲外部公開
2013年12月19日(木) 
今年から,たすくに通い始めたAくんのスケジュールをご紹介します。
ご自宅からたすくに通うには,複数回の乗り継ぎをして1時間かかります。

今日は,同じ時間に通っているお母さんたちと一緒に,
「どうしてスケジュールが必要なのか」を共有しました。

さて,どんなときに泣き崩れてしまうのか?
(=どんなときに心的処理ができないか?)

もちろん,先が分からなくて不安なとき。
そして,さっき教えてもらったことを忘れてしまったとき。

では,忘れしまったときに,
どうやって再確認できるといいのかな?

写真は,Aくんにとって,安心して移動するために欠

閲覧数1234 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/12/19 21:48
公開範囲外部公開
2013年12月13日(金) 
たすくでは,コミュニケーションアプリを開発しています。
文章を構成することに加え,モデルとなる音声を再生することができます。
もちろん,カードを自分で作成できます。

このアプリは,子どもは,自分で好みの写真を撮ったり,音声を入れることができます。つまり,自分のお気に入りの写真を使ってカードが作ることができるのです。

私たちは,子どもたちに人とのやりとりを,楽しんでもらいたい。
だから,はじめは,お手伝いをして一緒に作ります。
そして,自分の大切なツールは,こだわりをもって作ってもらいたいと思います。

(渡邊倫)

カードをシェア

閲覧数1005 カテゴリ日記 投稿日時2013/12/13 19:29
公開範囲外部公開
2013年12月12日(木) 
アセスメントや療育は,出会った瞬間から,臨床が始まってます。
たすくでは,コンタクトの取り方を重視しています。

そこで,“基礎的な関係性を築き直す”ために,対人意識や共同注意などを見ていきます。
久しぶりに会うとき,教材を介して相手と関係をとることが欠かせません。
臨床のコツを暗黙知から形式知にして,ご家族と共有していきます。

お子さんの関係性の段階を,毎回チェックしていきましょう。

(渡邊倫)

閲覧数1147 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/12/12 19:45
公開範囲外部公開
2013年12月10日(火) 
今日は,高等部1年生が来てくれました。
彼は,構造化された環境下でコミュニケーションのトレーニングをしてきました。
数年前から,どこでも,気軽に,確実に伝えられるように,
パスケースを利用してオリジナルツールを持ち歩いています。

本日現在でのカードリスト(写真)です。
生理的欲求を満たすための”ことば”が,リストアップされています。

みなさんは,どんな”ことば”を持たせますか?

(渡邊倫)

閲覧数1100 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/12/10 19:36
公開範囲外部公開
2013年12月09日(月) 
12月8日,私たちは,快晴の札幌で主催研修を開催しました。
参加者は,保護者,教員,施設指導員,医師など幅広く,
理論に基づく具体的な療育方法を学びたいという熱心な方々です。

今回は,導入で“そもそも社会性とは何か”をじっくり考えました。
目指すべきゴールを見誤らず,一人一人を大切に育てていきたいと思います。

そのためには,アセスメントが欠かせません。
社会性の学習には,水準(段階)があるかもしれません。
例えば,静態的な環境と流動的な環境を考えてみます。
J☆sKep平均3点を基準に,社会性の意味が違ってきます。

アセスメントをとおして,

閲覧数1152 カテゴリ日記 投稿日時2013/12/09 09:48
公開範囲外部公開
2013年12月06日(金) 
今週のアセスメントセンターは,中学生のアセスメントが続きます。
みなさん,小学校低学年から,一緒に療育を始めたご家族です。
毎年1つずつ課題を明確にして療育を進められると,
行動が整い,学習活動が成立してきます。
それと同時に,本当に困っていることがはっきりと見えてきます。

今日は,皮膚感覚の過敏・鈍感さが,行動の妨げになっていることを,
ご両親と療育者で共有できました。
改めて,トータルアプローチの重要性を感じました。


(渡邊倫)

閲覧数971 カテゴリ日記 投稿日時2013/12/06 21:01
公開範囲外部公開
2013年12月05日(木) 
 たすくでは,家族と協力して,子どもにあったスケジュールと
コミュニケーションのツールを用意します。

一人一人のオリジナルステップがあり,以下のような課題で情報収集をして,
ツールを作り上げていきます。

①設定された時間で活用する
②一定の流れができあがっている日課で活用する
③自分でスケジュールを持ち歩く

3番目の携帯して歩くことが,なかなか難しい。
いつも頭を悩ますところです。
今日の中学生は,たすくコミュニケーションアプリを使っています。
先日,このバッグを片付けられそうになったら,取り戻して身につけたようです。

“自分に

閲覧数1043 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2013/12/05 22:39
公開範囲外部公開
2013年12月04日(水) 
今日は,中学生が療育に来てくれました。
ご家庭と協働して,お手伝いの手順書を作成しています。
その過程で,いくつかのポイントが分かってきました。
それは,すぐに動作を想像できて,目標を意識することです。
○指示の意味をすぐにイメージができる図示を加える
○その工程に取り組む目標を始めに確かめる
ポイントが整理できると,いろいろな場面で応用できそうです。
母の観察力は,すばらしい。
スタッフもよくまとめてくれました。

(渡邊倫)

閲覧数913 カテゴリ日記 投稿日時2013/12/04 21:52
公開範囲外部公開
[ 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 24 ]
■プロフィール
たすくさん
[一言]
たすくの事務局です。お問い合わせやお申し込みはこちらへどうぞ
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み